• 副院長

開花宣言

21日に福岡の桜の開花が観測されたそうですね。


新型コロナウイルスの流行で気持ちが沈みがちな毎日ですが、少し明るい話題で嬉しいです。

クリニックから見える景色にも桜がちょこっとだけ咲いていました。

この写真ではちょっと分かりにくいかもしれません・・・



桜は1週間から10日で満開になるそうなので、今週末には見頃になるのでしょう。新型コロナウイルスの流行のため、お花見での宴会は控えた方が良いのかもしれませんが、せっかくなのでお散歩がてら桜を見に出かけたいなあと思います。



ところで、あまり話題になっていませんがスギ・ヒノキの花粉は今年もしっかりと飛んでいます。

花粉の飛散量は昨年より少なく、福岡では例年通りとの予想でしたがやや少ないように感じます。


飛散量は少なくても花粉症の相談は増えています。最近は、こどもたちにも花粉症が増えています。

鼻水、くしゃみ、目の痒みなど、とても辛いですよね。

今年は咳をしていると周囲の視線が気になるとのお話も多いです。


花粉症治療で一番重要なのはやはり花粉を避けることです。

毎年テレビで花粉症対策をやっていますが、今年は花粉症対策の番組も少ないように感じます。


マスクや花粉症用のメガネはある程度効果が期待できますし、屋内に花粉を持ち込まないように外で上着を払ってから家に入ることも大事です。もちろん可能であれば、花粉の多い日(雨が降った翌日の晴れた日など)には外出を控えましょう。現在マスクは手に入りにくいですが、花粉を防ぐ目的であればガーゼなどで作った布製のマスクでも十分です。


花粉症対策をしていても症状がみられる場合には、お薬(抗アレルギー薬)の内服や点眼薬、点鼻薬などを使って治療していきます。まだまだ花粉の飛散は続きそうです。辛い症状は我慢せず、お早めにご相談ください。


最後に花粉症の治療として「舌下免疫療法」というものがあります。

スギの成分(アレルゲン)をお薬として毎日体に取り込むことで、スギによるアレルギー反応を起こしにくくする治療です。3〜5年間、毎日お薬を続ける必要があるため大変ですが、重症の方は検討してみても良いかもしれません。ご興味があれば診察時にご相談ください。

0回の閲覧

TEL: 092-691-0012

FAX: 092-691-0013