• 院長

25周年を迎えたおかもと小児科クリニック(後編)

最終更新: 2020年12月7日

●新型コロナ感染症流行の中、25周年を迎えました

 2020年は、日本だけでなく世界中が大変な年でした。現在も第3波が大人だけでなく子どもたちの命と暮らしに大きな影響を及ぼしています。一日も早い流行の収束を願っていますが、収束の見通しは立っていません。新型コロナ感染症流行が続く一方で、子どもたちの他の感染症は激減しています。手洗い、マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、フィジカルディスタンス(物理的距離)が多くの人から受け入れられていることの表れともいわれています。これまで数十年の常識から外れて、今年は12月初めまでインフルエンザの流行が全く見られていません。このままインフルエンザ流行なしで終わるかどうかは分かりませんが、小児科外来も大きな緊張の中年末年始を迎えようとしています。おかもと小児科クリニックは、25周年を迎えましたが、新型コロナ感染症の克服に向けて、また地域の皆さま、子どもたちとともに小児の地域医療に向けて新しいスタートを切りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


●開院25周年記念品を作りました 25周年の記念に当院のロゴマーク入りのジュートバッグ、プチタオル、オペラグラス、缶バッジ、シール、お正月用箸セットを用意しました。粗品ですが受診時にお受け取り下さい。


139回の閲覧

最新記事

すべて表示